なぜ、腸活はムダなのか?

ズバリ、なぜ、腸活はムダなのか?

「腸は第2の脳」

「免疫機能の7割を司っている」

「血液も一部、腸で造られる」

「人間の体は腸から造られる」

「第1の脳と言っても過言ではない」

って、言われてるけど。

それでも、「第1の脳」の指令で動いているし、現時点では「第1の脳」ではない。

だとしたら、「第2の脳」である腸の機嫌を伺う前に、やはり、「第1の脳」であるメインの脳の機嫌を伺う必要がある。

どんなに腸活をして、腸のご機嫌を伺っても、第1の脳の機嫌が悪かったら、健康にはなれない。

そのことに気づいてから、腸活より、脳活で忙しい。

それに気づかなかったら、死ぬまで腸活をして、健康にこだわり、健康オタクのまま、この世を去っていたと思う。

健康になれないまま。

実際に、脳の使い方を変えただけで、43年間の原因不明の体調不良(慢性的な下痢)が、1ヶ月も経たずに完治。

自分だけでなく、同じように胃腸の悪い人、うつ病、パニック障害、嘔吐・嗚咽、便秘の人、不眠症まで改善。

つまり、再現性が高い、ということ。

あなたは、死ぬまで食事、睡眠、運動にこだわり、整体、指圧、マッサージをハシゴし、時間とお金を使い続け、「答え」を探し求めるのか?

それとも、自分の脳の使い方を変えて、自力で健康な体を手に入れるのか?

もちろん、それを決めるのは私ではなく、あなた自身。

脳の使い方を変えて、本来の自分らしさを取り戻すと、病気をやめることが出来るだけ、でなく、人間関係、ビジネスも、よくなる。

なぜなら、病気も人間関係もビジネスも、脳の指令で動いているから。

脳の使い方を変え、自分らしさを取り戻すと、病気をやめることが出来る。

自分らしく在り続けることで、時間・場所・お金・人間関係・病気など、あらゆる奴隷から解放されて、自由に生きることが出来る。