「認定講師」を名乗るメンヘラ熟女たち

こんにちは。「笑顔が怖い」と言われる坂庭です。

最高の褒め言葉だと素直に受け止めています。

さて。

いろんな業界で「認定講師」が流行ってるけど。

認定講師なんて、金を払えば誰でもなれる。

一部の信頼できる協会を除いては、ほとんどが、金を儲けるのが目的だから、どんどん生徒(認定講師)を増やす。

生徒のスキルの習得や質なんて、どうでもいい。

金さえもらって、認定証を渡したら、あとは、認定講師に集客させて、胴元は集金するだけ。

弟子が稼げようが、稼げまいが、知ったこっちゃない。

認定しちまえば、こっちのもん。

たいてい

胴元=集金屋

だ。

逆に、手っ取り早く資格を身につけたい人には都合がいい。(稼げないけど)

金を払えば、すぐに、「認定講師」を名乗れるから。スキルが身についていなくても、集客が出来なくても。

「旦那とうまくいっていない」

「親と不仲」

「子供に嫌われている」

「自分の居場所がない」

「友達に頼ってもらえない」

「世の中に必要とされていない」

そのような「メンヘラ熟女」が、何とか生き甲斐を見つけ、手っ取り早く「武器」を身につけようと資格に走る。

ま、資格を取っただけじゃ、何も変わらないけど。

そして、儲け主義・拝金主義の協会の特徴は「弟子(認定講師)が育たない」ということ。

なぜなら、胴元が「儲けること」を目的にしていて、「弟子を育てること」や「お客さんを良くすること」を目的にしていないから。

つまり、胴元も弟子も「自分の生活費」しか、考えていない連中ばかりで、「理念」も「哲学」も、へったくれも無い。

へったくれも無い

へったくれも無い

大事なことだから3回言ってみたョ。

「私の理念は私の金儲けデス」みたいな。

そして、胴元は儲けることしか考えていないから、ノルマをキツくする。

すると弟子は奴隷化し、ノイローゼ気味になって「病む」か「辞める」か、2極化する。

奴隷化した生徒は「悲壮感」が漂うか、認定講師として必死でリア充をアピールするために「顔が怖くなる」のが特徴。

「認定講師の顔が怖い」って、どうよ?

辞めた生徒は協会の悪口を言うか、「金を返せ」と訴え始め、アメブロやソーシャルで悪評を立てる。

次第に集金(集客)に困り、協会は先細りする。

ま、こんなところ。

チョロっと金を払っただけで、「認定講師」を名乗ってコンサルやってる人たちって、いろんな意味で怖いわぁ(´Д` )

たいてい、自分の問題を解決出来ていない「メンヘラ熟女」たち。

そういう人たちに、他人の問題を解決できるのか、ナゾ。

少なくとも自分は相談したいとは思えない。

悪化するのがオチ。

いやー、怖い、怖い。

「オマエに顔が怖いなんて言われたくない!」というアナタは、まだ、正常だ。安心してほしい。

ちなみに、今年は「メンヘラ熟女」で流行語大賞を狙ってます。

そして、来年は「メンヘラ熟女協会」を立ち上げます。

個人的には「メンヘラ」は嫌いだけど。

ま、協会ビジネスは「集金」が目的なので、メンヘラ熟女が稼げようが、稼げまいが、知ったこっちゃない

知ったこっちゃない

知ったこっちゃない

大したこと言ってないけど、とりあえず、最後だから、3回言ってみたョ。

では。

坂庭

(追伸1)

これまでも「協会ビジネスで稼ぎたい」という相談を何度かいただいてきたけど、「理念」がクソなのですべてお断りしています。

(追伸2)

顔が怖い?

笑顔はもっと怖いです。