残高が3億円

もし、あなたの銀行口座の残高が3億円だったら、どう思いますか?

今日、この後、仕事をしますか?

明日から、どんな生活をしますか?

今の仕事を続けますか?

「今日から仕事をしない」

「明日から旅行に行く」

「セミリタイアしてシンガポールに移住する」

なんて、妄想が膨らみますよね?

ドキがムネムネします(笑)

ところが、「あと3億しかない」といって自殺する社長もいるんですよ。

信じられますか?

実はお金に対する不都合な「思い込み」「信じ込み」あるいは「刷り込み」があると、残高が何億であろうと、不安や恐れが消えず、自殺してしまいます。

不幸ですよね。

「いつか、ライバルに抜かれるかもしれない」

「いつか、スタッフに裏切られるかもしれない」

「いつか、コンテンツをパクられるかもしれない」

「いつか、ユーザーに訴えられるかもしれない」

「いつか、経営に失敗して負債が増えるかもしれない」

「いつか、銀行から取引を停止されるかもしれない」

「いつか、業界そのものが消えるかもしれない」

など、など、、、

経営者にとって不安は尽きませんからね。

残念ながら、これらの問題は集客やマーケティング、ブランディング、コピーライティング、仕組み化、節税などでは解決しません。

座禅や瞑想、マインドフルネスで解決すれば楽ですが。

スティーブ・ジョブズの最期を見れば分かりますよね?

過去にクヨクヨして、未来にソワソワしている状態で瞑想なんて20秒も出来ませんよ。

マインドフルネスは「今ここ」だけ、です。

そもそも、座禅をするために寺に行ってる暇もないですから(苦笑)

いくら、そのようなノウハウやテクニック、方法論、あるいはメンタル・マインドといった精神論で、一時的に稼いでも、解決しない、ということです。

もちろん、保険、投資、宝くじも同じです。

仮に、一時的にお金が手に入ったとしても、「あと100万しかない」「あと1000万しかない」「あと1億しかない」という不安や恐怖が消えなかったら、ツラくないですか?

別の意味でドキがムネムネしますよね(苦笑)

では、どうしたらいいと思いますか?

ズバリ、脳の使い方を変えて、物事の捉え方や解釈を変える必要があります。

そして、お金に対する不都合な「思い込み」「信じ込み」あるいは「刷り込み」に気づいて、それをやめること、です。

もし、あなたが「あと3億しかない」と未来を悲観して自殺したくなければ、是非、こちらのページをご覧ください。

→ 1Dayセミナー ←

あと1名で募集を締め切ります。

では。
ブレイクスルー・コンサルタント
坂庭鳳