エビデンスを捨てるとき

決して、医療を否定はしないけど。

「エビデンスが無いから、この方法では健康になれない」

「医者が言ったから」

「この本に書いてあるから」

「××先生が言ったから」

このような発想でいる限り、病気はやめられない。

まさに、自分がそうだった。

病名がついていても、薬があっても、治らない病気がある。

一時的に良くなっても、再発や転移もする。

これが医療の限界。

ところが脳には限界がない。

原因不明の慢性的な下痢は、医療的には「過敏性腸症候群」という病気。

薬もなく、医療では治らない。

いわば、「難病」と同じ。

物心ついてから、ずーっと、何を食べても何を飲んでも下痢をしてしまい、最終的には水すら飲めなくなって、家で寝たきり。

ところが、脳の使い方を変えたところ、1ヶ月もしないで完治。

今まで40年以上の原因不明の慢性的な下痢を薬でとめた事例は、あるだろうか?

病名こそあるものの、薬もなく、医者にも治せない難病。

それが、脳の使い方を変えることで、今では、どこで何を食べても、何を飲んでも大丈夫な体に。

今となっては、どら焼きを食べるし、冬でもクリームソーダは飲むし、マックポテトは食べるし、珈琲も飲む。

スィーツもグルテンも、好きなだけ食べる。

以前は枕が変わると寝られなかったけど、今では、どこでも寝られるし。

さらに、ビジネスも人間関係も急速に改善。

これこそが、脳には限界がなく、無尽蔵な証拠。

これまでに、脳の使い方で改善してきた症状には、下記がある。

・うつ病
・パニック障害
・慢性的な下痢(過敏性腸症候群)
・胃炎(逆流性食道炎)
・摂食障害
・不眠症
・嘔吐、吐き気
・便秘
・運転中のイライラ
・不登校

など。

エビデンス?

薬?

病名?

関係ない。

こんなのは、「病気」に入らない。

なぜなら、脳からのサインに過ぎないからだ。

脳の表現の仕方が違うだけ。

新型コロナしかり、脳は「病気」という手段を使って、まさに、命がけで教えてくれている。

あなたの症状は一体、脳からのどんなサインだろうか?

是非、自分の脳に問いかけ、対話してほしい。

“脳の使い方を通じて、世の中に財と健康と豊かさをもたらす”

世界一の健康オタク
ブレイクスルー・コンサルタント
坂庭鳳