【続報】「腸活ムダ」の出版記念パーティーの件

嬉しいことに、昨日の夜からゾクゾクと反響があります。

「参加します。事務局の人数が足りないなら、言ってください。楽しみです。」

「是非参加させてください。協賛としてもし可能であれば、そちらもお願いします。何でも言ってください(笑)」

「出版記念パーティーに『参加』しますので、よろしくお願いいたします。お赤飯をこちらで手配して提供して協力したいと思いますが、如何でしょうか。(お土産として100個)」

「参加するよー
予定がわかり次第、空けます!
プレゼント?協賛もしますよー🎵」

など。

本当に嬉しい限りです。

現時点で出版社すら決まっていないですが。

◎「引き寄せ」なんて無い。夢は待っているだけじゃな叶わない。自分から掴みに行くんだ。

◎人は何でも出来る。可能性は無限だ。

ということを僕自身が、このイベントを通じて、皆さんに伝えたいと思います。

試合前の控え室で猪木が「もし、これで負けたら?」と聞かれて、「やる前から負けることを考えるバカ、いるかよ!出て行け!!」って怒鳴って、インタビュアーにビンタ食らわせた動画がYouTubeにあるけど。

まさに、そう。

仮に失敗したって、評論家気取りで、チャレンジしたこともないヤツより、全然、カッコいいでしょ?

資格の試験しかり、

ダイエットしかり、

スポーツしかり、

格闘技しかり、

ビジネスしかり。

評論家気取りで何のチャレンジもせずに、つまらない人生を送るより、

失敗しても、本気で挑戦して、ネタにして盛り上がる人生の方が、何倍も何百倍も面白い。

極論、すべて、自己満足。

自分と、自分に関わってくれる人が楽しんで、喜んで、盛り上がれれば、それで、イイの。

(もちろん、第三者を傷つけたり、違法行為は別として)

指をくわえて、評論家気取りのギャラリーで、ブツブツ言いながら、冴えない人生で終わるのか?

チャレンジし続けて、悔いのない、ダイナミックな人生を送るのか?

すべては自分次第。

「面白いことをしたい」という方は、便乗大歓迎。

もちろん、「協賛」じゃなくても、「参加」で大歓迎です。

一緒に盛り上がりましょう。

乗ってけドロボー

随時、更新中↓

【2019年4月出版記念パーティー(予定)】

(一般参加者)

●「腸活ムダ」出版記念パーティ
●東京都内の高級ホテルの宴会場を貸切(たとえば椿山荘など)
●定員100名
●参加費1万円
●ビュフェ(ドリンク飲み放題)
●坂庭と一緒にイベントで盛り上がる

(協賛)

●100個分の商品・サービスを提供する

現在、協賛として名乗り出てくれている方
・山口京子さん
・根本尚美さん
・金澤麻衣子さん

※イベントの趣旨や内容からミスマッチと判断した場合は協賛をお断りする場合があります。予めご了承ください。