「病気」というサイン

病気というのは、身体を使って、命がけでサインを出してくる。

そのサインの意味に気付こうとしないと、さらに、サインを強めてくる。

「これでもか」「これでもか」と。

非常にしたたかにサインを出し、次第に、そのサインを強めてくる。

「サインを強めてくる」=「症状が重くなる」

つまり、症状が重い人ほど、深くて大きな「思い込み」「信じ込み」がある。

そして、同時に命がけで抵抗もしてくる。

スピリチュアル的に言うと「取り憑いた霊が必死に抵抗している」と、言ったところだろうか。

「1日も早く、病気をやめて、社会復帰したいんです!」

「病気をやめて、迷惑をかけてきたお母さんに親孝行したいんです!」

と、口では言うが、本音(脳)は、そう思っていない。

今度は全力で病気をやめることに抵抗してくる。

サインに気づき、今の自分をやめるのが怖いからだ。

今の病気の自分を続けていることは、ある意味、都合が良く、心地いい。

むしろ、何年も続けてきた、「病気の自分」をやめる方が覚悟がいる。

その陰には、どんな「思い込み」、「信じ込み」、「刷り込み」があるのか?

そのサインに自分で気付こうとしない限り、病気はやめることができない。

「うつ病はやめられますよ」というと、「このままでいいです」といって帰る人もいる。

つまり、「病気をしていることで都合の良い何か」があるから、人は病気をしているわけだ。

「病気で苦しんでいる自分」の裏には「今のままで居た方が快適で心地いい自分」が、そこには居る。

ところが、自分で「病気」というサインで気づかないと、今度は、借金や人間関係といった、別の形でサインを送りつけてくる。

場合に、よっては、事件や事故に巻き込まれたり、身内にサインが出たり。

「まだ気づかないのか」「これでもか」「これでもか」と。

非常にしたたかに、時に残酷に。

あなたは、どんな「思い込み」「信じ込み」をしてきただろうか?

どんな「刷り込み」をされてきただろうか?

本当にそれに気づきたいと思うだろうか?

本気で病気をやめる覚悟があるだろうか?

本気の方にだけ、個別コンサルをやります。

病気をやめるつもりがない人はお断りします。

お互い、時間とお金がムダなので。

本気の方だけ、まずは、事前相談から、どうぞ。

詳細はこちら↓
個別コンサルの詳細と事前相談のお申し込み

では。

坂庭