なぜ、僕は寝たきりになったのか?

なぜ、僕は43年間も原因不明の体調不良、慢性的な下痢で悩み、最後は家から出られなくなり、水すら口にできず、寝たきりになったのか?

簡単ですよ。

今思えば、シンプルで簡単です。

「自分を大切にしなかったから」です。

「よく、自分を大切にしろ」って言いますよね?

でも、言っている本人も、本当の意味で、自分を大切にしていませんよ。

僕は自分を大切にしてこなかった結果、寝たきりになったんです。

どういうことか?

朝起きた瞬間から、寝る瞬間まで義務感で生きてきたんです。

目が覚めた瞬間から「あ、朝だ、起きなきゃ」

トイレに行かなきゃ、顔を洗わなきゃ、歯を磨かなきゃ、支度をしなきゃ、仕事に行かなきゃ、稼がなきゃ、売上を上げなきゃ、メールを書かなきゃ、支払いをしなきゃ、税金を払わなきゃ、ブログを更新しなきゃ、FBを書かなきゃ、昼飯を食べなきゃ、セミナーやらなきゃ、営業しなきゃ、クロージングしなきゃ、もっと業績を伸ばさなきゃ、利益を出さなきゃ、スタッフに給料を払わなきゃ、家族を養わなきゃ、風呂に入らなきゃ、あ、もう、こんな時間だから、寝なきゃ

この生活のどこに、自分を大切にする瞬間がありますか?

ソファで横になったこともなかったんですよ。自分の家なのに。

「こんなことをしていちゃいけない」

「本を読まなきゃ」

「マーケティングの勉強をしなきゃ」

「仕事をしなきゃ」

と思っていたんです。

「失敗しちゃいけない」

「人に迷惑をかけちゃいけない」

と、言われて育ち、

「〜しなきゃ」「してはならない」

こんな義務感に縛られて、自分を失い、自分らしさを閉じ込め、ストレスで最後は寝たきりになった。

体を壊して寝たきりになったというのは、僕にとってはサインだったんです。

「自分をもっと大切にしなさい」

「自分らしさを取り戻しなさい」

という合図だったんです。

1つだけ幸いだったのは、「薬を飲まなかったこと」です。

なぜか?

原因不明で、病院では「異常なし」だったから、薬が出なかったんです。

これこそが何よりも救いだった。

当時は悩みましたよ。

「異常なし」で「薬がない」わけですから、治療ができない。

つまり、対処法が無かったんですね。

今思えば、もし、薬を飲んでいたら、今頃、副作用、副作用で薬がさらに増え、うつ病になり、不眠症になり、薬に依存し、最後は自殺していたかもしれません。

薬も医療器具も一切、使わずに、病気を止めるには?

自分らしさを取り戻すには?

自分の思い込み、信じ込みに気づくには?

それを1冊の本にまとめました。

購入してくれた人には、動画を配信しています。

あなたが「自分らしさ」を取り戻し、病気をやめ、時間、場所、お金、人間関係、すべてから解放される、きっかけになれば幸いです。
販売書籍