一流のドクターと三流のドクターの違い

一流のドクターは、「病気をやめるのは本人の仕事。医者の仕事はこれ以上、悪化しないように進行を遅らせるだけ」というスタンス。

ベストを尽くして、最終的には本人の自己治癒に委ねる。

それに対して、三流のドクターは、「自分が治してあげる」と息巻く。

そして、治らないと、「治せなかった」と落ち込む。

実におこがましい。

(神様か?)

脳の使い方、思考パターン、「思い込み」「信じ込み」あるいは「刷り込み」に関しては、答えを押し付ける行為は厳禁。

「幼少期に遡ってやり直せばいい」とか「母親との関係に問題がある」とは限らない。

根底に「恐れ」や「不安」があるとも限らない。

そうやって決め付けていること自体が、すでに「思い込み」であり「信じ込み」であり、余計な「刷り込み」。

たとえ、相手が

癌の末期であろうと

糖尿病であろうと

クローン病であろうと

それ以外の難病であろうと

本人がまだ気づいていない「思い込み」や「信じ込み」について、余計な誘導をしたり、先入観で断定して、答えを押し付けてしまうことは非常に危険。

コーチ・コンサルタント・カウンセラー・セラピストのミスリードや、余計な刷り込みをすることで、かえって、

相手が心を閉ざしたり

パニックを起こしたり

トラウマが悪化したら

手の施しようがない。

「ジ・エンド」

だからこそ、余計な誘導や、まして、答えを決めつけて本人に言うことは絶対にNG。

タブーだ。

私がコンサルで一番、気をつけているのは、まさにそこ。

先日、ある経営者に、「坂庭さんは私とは業界もジャンルも違うのに、どうして、私の問題を解決できると言えるんですか?」と聞かれたんだけど。

「集客やマーケティング、ブランディング、コミュニケーション、節税、投資などと違って、答えはあなたの頭の中にあり、私の頭の中にはないからです。私は、あなたに思い込み、信じ込みに気づかせることが仕事であり、気づいて、やめるのは、あなたの仕事です。」と。

もちろん、「気づくか?気づかないか?」「気づいた上で、今の自分をやめるか?やめないか?」は、本人次第。

常に、「答えは本人の頭の中にある」、もっというと、「答えは本人の頭の中にしかない」というニュートラルなスタンスでいないと、先入観で断定してしまったり、ミスリードしかねない。

先日も、あるクライアントのコンサルをしたけど、

「答えを教えてもらえたら、どんなに楽か。『私の思い込み、信じ込みを教えてください!そのメモを私に見せてください!』と言えたら、どんなに楽か。でも、それじゃ解決しないということですよね?」と聞かれ。

「そうですね」と答えた。

実際に、先日、私のセミナーで「もっとテンプレートのような具体的な答えを教えてください」という参加者がいたが、「私のセミナーやコンサルでは答えは一切言いません。答えが欲しいなら、他のセミナーやコンサルに行ってください」とお伝えした。

(もちろん、それで解決すれば、イイけど)

誘導してもらい、答えらしきものを聞いたところで、単なる知識や情報として「ふーん」で終わってしまい、解決しない。

(っていうか、それで解決しないから、私のセミナーに参加したんじゃないの?)

「答えは常に本人の頭の中にある」ということ。

「治してあげよう」なんて、エゴでしかない。

(神様じゃないんだから)

もし、あなたがコンサルやコーチ、セラピスト、ヒーラーで、「自分が治してあげた」という手柄が欲しくて、スッキリしたいなら、1人でシコシコやってろ。

という話。

で、あなたの主治医は一流?それとも三流?

では。

世界一の健康オタク
ブレイクスルー・コンサルタント

坂庭鳳