健康オタクvs病気オタク

コンサルをしていると、本当に、皆さん、毎回、毎回、「よく探してくるな〜」と思うほど、新しい病名を教えてくれる。

まさに、2年前の自分と同じ。

たとえば。

「坂庭さん、最近、こういう病気があるのを知ってますか?」と。

「え、なんですか、その病気?」と聞くと、皆さん、ニヤッとして、「え?知らないんですか?」と自慢そうに話してくれる。

まるで、「世界一の健康オタクなのに、最新の病名を知らないんですか?あなたより、私の方が病気に詳しいですよ」と言わんばかりに。

そして、決まって、こう言い出す。

「ネットで診断してみたら、××%以上、当てはまっていました」

「やっぱり、母親からの遺伝みたいです」

「生まれつきの体質だから治らないみたいです」

「どう思いますか?!」と。

だから、なんなんだ?と。

それって、「占い師に言われたけど」とか「医者に言われたけど」と、同じ。

正直、昔は「うつ病」なんて言葉もなかったし、「ADHD」なんて言葉もなかった。

私なんて診断したら「大人のADHD」に98%以上、当てはまっていたぞ(照)

だから、なんなんだ?と。

「母親にこう言われた」

「新宿の母にこう言われた」

「池袋の母にこう言われた」

一体、母親が何人いるんだ?と。

だから、なんなんだ?と。

「私は健康オタクですが、病気オタクではないですし、それに、もう、病気をする必要がないので、わざわざ新しい病気を探して、自分から病気をやる必要がないんです。」とハッキリ言うことにしている。

「あなたは、どうして、わざわざ病気をやる必要があるんですか?」

「どうして自分からわざわざ、病気を探しに行くんですか?」

「病気をやめたいのであれば、やめればいいじゃないですか?」

「何のメリットがあって、次から次へと新しい病気を見つけに行って、わざわざ今度は別の病気をやるんですか?」

「そもそも病気をやめる気が無いですよね?だから、新しい病気を探しては、それをやるわけですよね?」

「いつまで病気をやり続けるんですか?」と。

そう言うと人によっては、「ハッ」と気付く人もいれば、「しまった」とバツの悪そうな顔をする人もいる。

中には逆ギレする人もいる。

「好きでやっているわけじゃないんです!私だって1日も早く病気を治したいです!私が一番苦しいんでいるんですから!!」と。

言いたいことはよく分かる。

私も43年間、原因不明の慢性的な下痢をしてきたから。

うつ病も然り。

「1日も早くうつ病をやめて、社会復帰したいんです!」

「家族を幸せにしたいんです!」

「親孝行したいんです!」

「社会貢献したいんです!」

と、皆んな口を揃えて言うけど。

「うつ病なんて病気でもなんでもないですから、やめられますよ。どうします?」と聞くと、「いえ、このままでいいです」とか。

「本気でうつ病をやめる気があるならお手伝いしますよ」と言うと、「いいです!いいです!自分でやります!」とか。

最初から、やめる気が無いわけ。

さて。

あなたは「健康オタク」だろうか?それとも「病気オタク」だろうか?

いずれにしても、同居の家族には面倒がられる存在であることは間違いない。

単なるお荷物以外の何物でもない。

ところで、「ADHD」という病気を信じている人は一度、調べてみよう。

もちろん、「信じたい人」は、調べない方がいいが。

「ADHD」も「作られた病気」として、あまりにも有名。

おそらく、今後も新しい病気が作られ続けるはず。

その時、あなたは、どうする?

今後も新しい病気が作られるたびに、病気をするのか?

今後も新しい病名を探しては、わざわざ診断して「やっぱり」と自分に言い聞かせて、「病人」をやり続けるのか?

それとも、病人の自分を卒業するのか?

卒業するとしたら、いつなのか?

今なのか?

1年後なのか?

ま、自由だけど。

世界一の健康オタク
ブレイクスルー・コンサルタント
坂庭鳳