ダイエットプログラムのネーミングを決めました。

坂庭プロデュース、世界初、健康オタクによる、健康オタクのための健(K)康オ(O)タク・ダイエット。

略して「KOダイエット」

たるんだ脂肪をKOせよ!

緩みきった自分をKOせよ!

ヒョロヒョロ、ガリガリな自分をKOせよ!

そして、マッチョな人生を手に入れろ!

↑こんなコンセプトにしました。

(興味のある人はベンチマークして坂庭の記事をチェックしてください。)

なぜ、ヅラをかぶっても人生が変わらないのか?

なぜ、整形しても人生が変わらないのか?

ダイエットに成功すれば、本当に人生が変わるのか?

マッチョになれば、モテるのか?

痩せても人生が変わらない人もいるし、ムキムキになってもモテない人もいる。

(もちろん、それらで人生が変わる人もいるけど、変わらない人もいる)

実際にムキムキなのに、全然、モテない人もいる。

痩せている人が全員、モテてるわけでもない。

ルックスはいいのにメンヘラで気持ち悪いだけの地鶏女子もいる。

あ、「自撮り」か。

「バンドをやればモテる!」と思ってギターを買っても、マイクを握ってもモテないヤツは、何をやってもモテない。

ビジネスで成功して金持ちになって、高級車を乗り回して、高級時計を身につけても、「単に品の悪い成金」で、一向にモテないヤツもいる。

億万長者なのに、「あと3億しかない」と将来を悲観して自殺する社長もいる。

ダイエットなんてする必要もないくらい痩せてるのに、「自分は太っている」と思い込み、食事制限をして、生理が止まってしまう女性もいる。

なぜか?

なぜなのか?

結局、脳の使い方が変わらなければ、自分も変わらないし、人生は変わらない、ということ。

ダイエットに関して言えば、

「ダイエットに成功する」

「自分に自信が持てる」

「人生が変わる」

ではない、ということ。

「脳の使い方を変える」

「自分らしさを取り戻す」

「ダイエットの効果が出やすくなる」

「理想の体型になれる」

ということじゃないかな?と仮説を立ててみた。

そもそも、脳の使い方を変えないから、ダイエットも、続かないし、うまくいかないんじゃないかな?と。

そこで、【KOダイエット】では、単に食事・睡眠・運動を提唱するだけのリバウンドしてしまう、再現性の低い、従来のダイエットプログラムではなく。

「脳の使い方を変えて、自分らしさを取り戻せば、理想的な身体になれる」という仮説の元、巨漢2人とガリガリ1人が独自のメソッドでダイエットプログラムを検証・実践中。

食事・睡眠・運動も、もちろん、必要だけど

×無理な食事制限をして救急搬送

×過度なトレーニングで怪我をしたり身体を壊す

×一時的に体重を落としても数ヶ月後にリバウンド

×無理やり下痢をさせて宿便を出す

こんなのは意味がないばかりか危険なだけ。

「ダイエットプログラム」ではなく、運営者による「儲け主義の殺人プログラム」に過ぎない。

アラフォー3人組が奮起して、今までにないアプローチの仕方で、安全でリバウンドせず、再現性の高いやり方を目指そうかと。

体重を落としたい人は落とせて、増やしたい人は増やせて、いずれも理想の体型になれる。

これこそが本当の【ダイエット】だから。

1年後の2019/8/31に3人で揃って、裸体をFacebookに公開できるのか?できないのか?

笑いあり、涙ありのドタバタコメディ(コメディか)

よし。

成功したらクラウドファインディングで資金を集めて映画にしよう。