病気は作られている

「うつ病」とか「ADHD」なんて、言葉、昔は、無かったよね?

誰かが、何かの目的で作っている。

そう、意図的に。

だいたい、金が絡んでるけど。

(いや、金以外に理由が無い)

医療も薬もビジネスだからねぇ。

子供の頃から何をやっても長続きせず、親からは「精神薄弱児」と言われ。

中1の時は担任に毎日「教育指導室」に呼び出され、椅子ごと吹っ飛ばされて「理性がない」と言われ。

(どっちがだよ 笑)

数年前、ある診断をしたら、完全に「大人のADHD」だった(照)

さっきも、仕事してて、ふと、気づいたらオフィスの電気が、あちこち、つけっぱなし。

掃除機も出たまま。コンセントも挿したまま。

そして、ドライバーまで、出てる。

工具箱もあけっぱなし。

納戸の扉も全開。

「あれ?泥棒でも入ったかな?」と。

(いや、気づくでしょ)

さっきまで、使わなくなった椅子をバラして、掃除機をかけてたのを忘れて、途中からパソコンしてたわ(笑)

そんなの、ザラよ。

こんな程度で「病気」扱いされて薬なんて飲んでたら、キリがないし、自殺なんてしてたら命がいくつあっても足りない。

「人生、生きてるだけで丸儲け」

そう、思えるようになったのも、脳の使い方を変えたから。

思考を変えると、人生が変わる。

(追伸)

「イマル」に改名します。

“脳の使い方を通じて、世の中に財と健康と豊かさをもたらす”

世界一の健康オタク
ブレイクスルー・コンサルタント
坂庭鳳