囚われた思い

「恐れ」「不安」「怒り」「焦り」の根底には、何か、「囚われた思い」がある。

「囚われた思い」とは、「思い込み」「信じ込み」「刷り込み」のこと。

その根底には、どんな、「思い込み」「信じ込み」「刷り込み」が、あるだろうか?

それに気づいた時に、「恐れ」も「不安」も「怒り」も「焦り」も消える。

「病気」も然り。

43年間の慢性的な下痢(過敏性腸症候群)で苦しんでいた時も、根底には「囚われた思い」があった。

それに気づいた瞬間に、完全に病気をやめられた。

結局、病気も、お金の問題も人間関係も、すべて脳からのサイン。

「囚われた思いに気付きなさい」というメッセージにすぎない。

あなたは、日々、脳からどのようなメッセージを受け取っているだろうか?

「病気をやめたい」

「メッセージに気づきたい」

「新しい未来を切り開きたい」

と思ったら、個別のコンサルをご利用ください。

“脳の使い方を通じて、世の中に財と健康と豊かさをもたらす”

世界一の健康オタク
ブレイクスルー・コンサルタント
坂庭鳳