大人の再教育

改めて問いたい。

教育とは、何だ?

今の学校教育に必要なのは、カリキュラムの見直しなどではなく、大人の再教育。

なぜなら、大人たちが、社会から受けるストレスで脳がパンパンになってるから。

ストレスから心身の病気になり、パワハラ、モラハラ、セクハラを働き、悪質で陰湿なイジメをし、異常なクレーマーになり、煽り運転をし、犯罪を犯す。

教育者であり指導者であるはずの学校の教員すらも。

そのフラストレーションを家庭に持ち帰っては妻や夫や親に当たり、子供に怒鳴り散らし、暴力を振るう。

あるいは、家事や育児、介護を放棄をする。

とても、子供たちが抱えている、不安や不満、将来の夢に耳を傾ける余裕もない。

子供たちはそれを学校でイジメという形で発散する。

クラスでは叩き、LINEグループからは省く。

イジメを受けた生徒は引きこもり、不登校になり、最悪の場合、自殺に追い込まれる。

イジメも犯罪も、より、悪質で陰湿化していく。

この社会を創っているのは大人たちであり、大人たちの脳。

そもそも、大人たちがどんな思い込み、信じ込みをしているのか?

それによって、どんな刷り込みを子供たちにしているのか?

どんな刷り込み、信じ込みからストレスを抱え、フラストレーションを爆発させるに至っているのか?

ここから見直す必要がある。

逆に、ここを見直さないと、教育は永遠に変わらない。

「単位」

「出席日数」

「偏差値」

「内申点」

どれも足りなかったけど(照)

脳の使い方を変えて、思い込み、信じ込みをやめ、自分を再教育したら、人生が変わった。

43年間の原因不明の慢性的な下痢がピタリと止まり

収入が増え

人間関係も改善

つまり、単位も偏差値も学歴もキャリアも、そんなもの無くても人生を変えることが出来る。

(もちろん、無いより、あった方がイイけど)

今からだって出来る

いつからだって出来る

「大人の再教育」とは、大人が、どんな思い込み、信じ込みをしてきたか?

親や学校、社会から、どんな刷り込みをされてきたか?

それによって、今、どんなストレスを抱えているか?

まずは、それに気づくこと。

そして、それによる、子供たちへの刷り込みをやめること。

2020年のテーマが今、決まりました。

「大人の再教育」を始めます。

◎自分を再教育して、脳の使い方を変え、人生を変えたい人

◎大人の再教育をして、地域や社会を変えたい人

◎まずは、大人の再教育をしてから、子供の教育に反映させたい人

全国の父兄、教育者の皆さん、本当に子供たちの未来を想っているなら、まずは、ここから一緒にやりませんか?

こんな人間なので、人格的には「やや難あり」ですが。

そこも織り込み済みでお願いします。

「一緒にやろうぜ!」って人は個別にメッセージください。

今年も1年、お付き合いいただき、ありがとうございました。

良いお年を。

来年も、やるぜ。

では。

坂庭

※共感してくれた方は是非、シェア、拡散をお願いします。