なぜ、病気を繰り返したくなるのか?(病気を繰り返す人の共通点)

自分を含めて、コンサルを受けた人には、共通していることがあった。

それは、◯◯感が不足している、ということ。

人はこの◯◯感が不足すると病気になる。

たとえば、私の場合、脳の使い方を変え、根底にある「思い込み」「信じ込み」をやめたところ、43年間の原因不明の体調不良(慢性的な下痢)を完全にやめることが出来た。

ところが、数ヶ月に1回のペースで、また、「下痢をしたくなる」、という不思議な感覚があった。

そして、妙な懐かしさと、安心感がある。

「そうそう、この感覚」と。

あれだけ、苦しくてツラかった慢性的な下痢を、なぜ、わざわざ、したくなるのか?

そこには、◯◯感が不足していることに気付いた。

「生きる目的」を見出せないと、この◯◯感を実感できない。

すると、この◯◯感を得るために、あえて、また、病気を繰り返すわけだ。

「なるほどね~」「だから、また、病気をやりたくなるのか~」と、妙に納得。

ちなみに、この◯◯感を「満足感」や「達成感」「充実感」「幸福感」と勘違いして、ワクワクすることを探したり、ウキウキするものを寄せ集めようとすると、かえって、逆効果。

なぜなら、「ワクワク」や「ウキウキ」は、「生きる目的」では、ないからだ。

あなたは、日々、この◯◯感を感じているだろうか?

まさか、◯◯感を得たいがために、自ら病気を繰り返していないだろうか?

「思い込み」「信じ込み」に気づき、病気をやめたい人は書籍を手に取ってみてほしい。

“脳の使い方を通じて、世の中に財と健康と豊かさをもたらす”

世界一の健康オタク
ブレイクスルー・コンサルタント
坂庭鳳