セルフイメージを書き換えるには?

セルフイメージが低いと、「自分には無理」「自分には出来るわけがない」と思ってしまう。

そこで、よく言われるのが「セルフイメージを高めよう」「セルフイメージを変えよう」というもの。

だからと言って、単に言葉遣いや態度、表情、肩書きを変えても、セルフイメージは変わらない。

なぜか?

そもそも、過去の記憶やコンプレックス、トラウマがネックになっているから。

そこを書き換えない限り、表面的に肩書きや言動を変えても、すぐに、元の自分に戻ってしまう。

そこで、個別セッション「Pandora(パンドラ)」では、ボトルネックになっている過去の記憶やコンプレックス、トラウマにアクセスして、書き換えを。

もちろん、まずは、少しづつ、アクセスしやすいところから。

過去の記憶やコンプレックス、トラウマを書き換えることで、言ってみれば、「体験をやり直す」ことが出来る。

そうやって、少しづつ、過去の自分をやり直し、記憶を書き換えていくことで、現在のセルフイメージを変えることが出来るようになる、という流れ。

「昔は積極的だったのに、今は消極的」とか。

「以前は自信があったのに、今は自信がない」とか。

これらも、何かの体験や経験がネックになっているはず。

「臭いものに蓋をしたまま」では、永遠に本来の自分を取り戻すことは出来ないし、人生も未来も変えることは出来ない。

まずは、無理のないところから、少しずつ、過去にアクセスして、記憶を書き換え、一緒に体験をやり直そう。

そして、都合の良いように過去を書き換えることで、初めて都合の良いセルフイメージを作れることが出来るようになる。

過去の記憶を書き換え、傷ついた自分をケアすることが出来れば、「セルフイメージが〜」なんて意識しなくても、自然と今の自分に自信が持てるようになるので、ご安心を。

朝方はウトウトしながら、夢の中で、過去の記憶を書き換えてる自分にビックリ(笑)

まずは、アクセスしやすいところから、一緒に過去をやり直し、記憶を書き換えよう。

ま、これも言ってみれば、「脳の使い方」なんだけど。

個別セッション「Pandora(パンドラ)」は、ただいま、モニター価格で受付中↓

個別セッション「Pandora(パンドラ)」

※予告なく値上げ、受付を終了します。